神戸で土木設計・測量・地質調査を行う
扇コンサルタンツのお役立ちコラム

神戸で測量の実績を豊富に持つ会社に測量設計を相談するなら【扇コンサルタンツ】へ~測量が必要となるシーン~

測量はどのような時に必要なのか

測量はどのような時に必要なのか

測量といっても様々なケースがありますが、実際どのような時に必要になるのでしょうか?測量の必要性やポイントについてご紹介いたします。

■ 現況測量(現地測量)が必要となる場合

現況測量とは、現地にある物を測って測量を行う測量方法です。どのように建物を建てるのかを設計する際、敷地の形状や面積などが必要であり、土地の間口や奥行き、敷地の形状や面積など、現況測量ではそれらを細かく測量していきます。

また、土地の高低差が知りたい場合や相続税などの土地の評価を出す場合、土地を購入する際など提示された測量図が正しいのかどうかを確認するために現地の測量を行うこともあります。

■ 境界確定測量(用地測量)が必要となる場合

境界画定測量とは、目に見えない土地の境界を測って測量図とする測量です。例えば、土地の売買の際に、土地の境界を確定した実測面積による売買を行うケースが増えていますが、隣地との境界を確定した証拠として、境界確認書の引き渡しを要求される場合もあります。

土地の境界を確定するためには、隣接地の所有者と現地で確認することが必要です。その際、隣接土地所有者の協力や境界確定測定で境界を決めていきます。その他、土地の物納・分筆・寄付・払い下げの際にも境界画定測量は必要となります。また、境界杭が見当たらず、復元したい場合にも境界確定測量は必要です。

神戸で測量の実績を多く持つ会社をお探しなら【扇コンサルタンツ】へ~測量設計のご相談なら~

神戸で測量の実績を多く持つ会社をお探しなら【扇コンサルタンツ】へ~測量設計のご相談なら~

大阪や兵庫、神戸で測量の実績を持つ会社をお探しなら、ぜひ【扇コンサルタンツ】へお問い合わせください。測量設計に関する豊富な実績を数多く持ち、様々な測量に対応することが可能です。土地の特性を把握することは、安心安全の街づくり・建築物を作るうえで重要なポイントです。

【扇コンサルタンツ】では防災、減災の観点からアドバイスを行うことも可能ですので、神戸はもちろん、神戸周辺地域で測量設計をお考えの際もお気軽にご相談ください。

お役立ちコラム

神戸で測量設計を依頼するなら【扇コンサルタンツ】へ

商号 扇コンサルタンツ株式会社
本社所在地 〒 658-0044 神戸市東灘区御影塚町2丁目20番20号 向山ビル2階MAP
TEL 078-822-0999
HP http://www.ougi.co.jp/

トップへ戻る