神戸で土木設計・測量・地質調査を行う
扇コンサルタンツのお役立ちコラム

神戸で開発設計の豊富な実績があるからこそスムーズな開発申請を実現

開発申請に関する決まり

開発申請に関する決まり

開発行為をする土地によっては、様々な制限が設けられている場合があります。
そのため、建設・建築の際には様々な許可申請が必要となる場合もあり、ケースバイケースで必要な許可申請書類も違います。

例えば、ある程度以上の広さがある土地に建設物をつくる場合、都道府県や市町村に許可申請を行う必要があります。自治体ごとに定められた決まりによって「ある程度以上の広さ」が示す範囲は異なりますが、300~500平方メートル程度が主流のようです。

■ 神戸で許可申請が必要となる場合の例

  • 市街化区域内で行う規模500平方メートル以上の開発行為
  • その他、「開発許可を必要としないもの(法29条1項ただし書き)」に記載されている場合を除いて、開発行為を行う際にはあらかじめ開発許可を受けなければなりません。

出典:神戸市ウェブサイト
「開発許可申請の手引きについて」 都市計画法による開発許可申請の手引きより一部抜粋
http://www.city.kobe.lg.jp/business/urban/development/img/kaihatutebiki02.pdf
※平成30年6月1日から適用

開発申請を行う際は、どの程度の広さを予定しているのか、どのような用途の構造物なのかを調べて検討しましょう。

必要な許可申請書類

例えば、以下のような許可申請書類が必要となります。

  • 開発行為許可申請
  • 宅地造成工事許可申請
  • 砂防指定地内行為許可申請
  • 林地開発許可申請

一般の方でも取り寄せることは可能ですが、複雑な内容の書類も珍しくありません。【扇コンサルタンツ】は神戸や大阪で長く建設コンサルティング業務を承っています。書類の用意や認可の申請まで一貫してご相談いただけます。

実績があるからこそ開発申請もスムーズ

実績があるからこそ開発申請もスムーズ

【扇コンサルタンツ】は、神戸での開発設計や開発申請においても実績を重ねてきた会社です。安全な構造物の建設を支える土木設計・測量・地質調査において、豊富なノウハウを有しています。一般の方にとって「難しそう」「煩雑」といったイメージのある開発申請の許可についても、スムーズに行うことができるようお手伝いさせていただきます。

開発申請に係る業務の他、地質調査・測量・設計…と構造物の建設計画段階から実際に建てるまでの段階にかかわらず、ご遠慮なくご依頼・ご相談ください。

お役立ちコラム

神戸で開発設計の会社をお探しなら【扇コンサルタンツ】へ

商号 扇コンサルタンツ株式会社
本社所在地 〒 658-0044 神戸市東灘区御影塚町2丁目20番20号 向山ビル2階MAP
TEL 078-822-0999
HP http://www.ougi.co.jp/

トップへ戻る