神戸で土木設計・測量・地質調査を行う
扇コンサルタンツのコンテンツ

物流インフラ整備に欠かせない地質調査

インフラとは社会の基盤を形成するものであり、物流インフラとは道路・鉄道・空港・港湾などの物流における基盤を指します。
そして現在、様々な国や地域がこの物流インフラの強化を急速に進めています。

韓国や中国などの近隣諸国では国家戦略の名目で、物流における国際競争を勝ち抜くための物流インフラ強化に乗り出しています。
また、21世紀で重要なビジネス拠点となるアフリカ諸国も次々と物流インフラ強化を推し進めています。
特に港を持たないアフリカの内陸国は自動車が物流の要となっているため、複数の国々を巻き込んで、資源を安全に運搬するための道路網を形成しようとしています。様々な国や地域が加速度的に物流インフラ整備に着手する背景には、物流インフラ網を強固にすることで、国や地域をより発展させるという目的があるのです。

日本は世界でもトップクラスの物流インフラ網を現段階では形成しています。
さらなる物流の活性化に向けて、東京を中心に主要都市である名古屋や大阪などとさらに強固な物流インフラ網を形成しようとしています。
しかし、日本は世界でも例を見ないほど脆弱な地質・地形環境であるという難点があります。
仮に、そのような脆弱な地質・地形環境下に物流インフラを構築してしまうと、構造物が壊れる・沈下する・傾くなどの恐れがあります。

それでは強固な物流インフラとは言い難いです。したがって物流インフラを整備するためにはまず、地質調査を入念に行うことが必要不可欠と言えます。
それが強固な物流インフラの充実した整備となり、やがて国や地域の発展へと繋がってゆくのです。

弊社は、兵庫や大阪を中心に地質調査を行っています。安全で幸せな暮らしのための街づくりでは地質調査が欠かせません。
そして弊社は、誰もが暮らしやすい街づくりのための地質調査を行います。地質調査以外にも土地調査ボーリング調査地盤調査などの調査も行っていますので、地質調査や土地調査のことなら弊社にお任せください。

トップへ戻る